競馬のヒント

あまり深く考えず過去のデータから競馬を予想するサイト

弥生賞2020予想 - 過去傾向と考察

f:id:keibanohint:20150321135420j:plain

弥生賞2020予想 - 過去の傾向と考察|競馬のヒント

 

昨年亡くなったディープインパクトの功績を称えて「弥生賞ディープインパクト記念」に名称変更となった弥生賞2020。

無傷の2連勝で望んだホープフルS3着のワーケアか。

それとも、唯一のディープインパクト産駒サトノフラッグか。

注目の一戦「弥生賞2020」の過去データを考察・予想していきたいと思います。

 

 

弥生賞2020|レース概要

 

弥生賞2020は、中山芝2000mで開催され、上位3着に皐月賞GⅠの優先出走権が与えられるトライアル競走となっている。

中山芝2000mは高低差がありタフな小回りコースとなっいる。

弥生賞2020は、GI皐月賞と同じ舞台で開催されることからも注目の一戦となっている。

過去には、ディープインパクトやマカヒキなど後のダービー馬もこのレースで勝っている。

 

弥生賞2020|出走予定馬

(2020/03/03時点 予想)
人気 オッズ 馬名

  1人気        2.0   ワーケア

 2人気        2.5   サトノフラッグ

 3人気        5.0   オーソリティ

 4人気        9.0   ブラックホール

 5人気       27.1   ウインカーネリアン

 6人気      31.8   パンサラッサ

 7人気     39.3   オーロアドーネ

 8人気     85.3   アラタ

 9人気   109.3    ヴィズサクセス

10人気  130.2    ディヴィナシオン

11人気   137.0    メイショウボサツ

12人気  162.2    エンデュミオン

 

弥生賞2020で今回の注目は、こちら上位4頭ではないでしょうか。

  • ホープフルS3着と実力十分「ワーケア
  • 未勝利戦と1勝クラスを2連勝と好調「サトノフラッグ
  • ホープフルS5着の挽回なるか「オーソリティ
  • ホープフルS9着も札幌2歳S(G3)1着「ブラックホール

弥生賞2020|過去10年 レース結果

過去には、6~9番人気の馬も馬券に絡んでくることもある弥生賞2020。

去年の2019年弥生賞では、8番人気のメイショウテンゲンが勝つなど大荒れの回も。

過去10年の弥生賞配当では、3連単10万馬券越えが4回発生しています。

 

馬名 馬齢 人気 オッズ 騎手 斤量 タイム 上がり 馬体重 通過順位
2019年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 重
1 8 メイショウテンゲン 牡3 8 39.1 池添謙一 56 2.03.3 36.7 458(-8) ⑥⑥④⑤
2 5 シュヴァルツリーゼ 牡3 6 20.2 石橋脩 56 2.03.5 36.2 488(+10) ⑨⑨⑨⑦
3 7 ブレイキングドーン 牡3 4 7.3 福永祐一 56 2.03.7 36.7 498(+4) ⑧⑧⑧⑦
2018年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 良
1 8 ダノンプレミアム 牡3 1 1.8 川田将雅 56 2.01.0 34.1 498(+8) ②②②②
2 7 ワグネリアン 牡3 2 3.6 福永祐一 56 2.01.2 33.7 450(-4) ⑤⑤⑤④
3 3 ジャンダルム 牡3 4 8 武豊 56 2.01.3 34.1 484(-10) ④④③③
2017年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 良
1 8 カデナ 牡3 1 3.3 福永祐一 56 2.03.2 34.6 460(0) ⑧⑧⑦⑤
2 7 マイスタイル 牡3 8 26.4 横山典弘 56 2.03.3 35.1 450(-4) ①①①①
3 4 ダンビュライト 牡3 5 9.1 C.ルメー 56 2.03.5 35 470(-2) ⑤⑤⑤⑤
2016年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 良
1 8 マカヒキ 牡3 2 2.6 C.ルメー 56 1.59.9 33.6 496(0) ⑫⑨⑨⑧
2 7 リオンディーズ 牡3 1 1.9 M.デムー 56 1.59.9 34.4 500(+4) ④④④②
3 4 エアスピネル 牡3 3 4.2 武豊 56 2.00.2 34.4 484(0) ⑤⑤⑤④
2015年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 稍重
1 4 サトノクラウン 牡3 2 6.3 福永祐一 56 2.01.8 35.7 482(+8) ④⑥⑤④
2 5 ブライトエンブレム 牡3 4 9.1 田辺裕信 56 2.02.0 35.2 484(+2) ⑩⑩⑩⑩
3 2 タガノエスプレッソ 牡3 10 51.8 菱田裕二 56 2.02.4 36.1 440(-6) ⑦⑦⑦⑧
2014年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 良
1 7 トゥザワールド 牡3 1 1.6 川田将雅 56 2.01.4 35.7 518(-2) ⑦⑦⑥④
2 7 ワンアンドオンリー 牡3 4 9.8 横山典弘 56 2.01.4 35.5 484(+10) ⑩⑩⑧⑧
3 3 アデイインザライフ 牡3 2 7.8 戸崎圭太 56 2.01.8 36.2 544(-2) ⑤⑤⑥④
2013年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 良
1 6 カミノタサハラ 牡3 6 19.8 内田博幸 56 2.01.0 35 512(-2) ⑦⑦④④
2 4 ミヤジタイガ 牡3 10 119.5 和田竜二 56 2.01.0 34.9 480(-2) ⑤⑤⑤④
3 3 コディーノ 牡3 2 2.6 横山典弘 56 2.01.0 34.9 484(+8) ③③⑤⑦
2012年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 稍重
1 3 コスモオオゾラ 牡3 9 29.1 柴田大知 56 2.03.9 35 474(0) ⑤⑤⑤⑤
2 2 トリップ 牡3 3 8.3 田辺裕信 56 2.04.1 35.3 492(-8) ②③④③
3 3 アーデント 牡3 5 10.5 藤田伸二 56 2.04.2 35 462(-6) ⑤⑦⑧⑧
2011年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 良
1 6 サダムパテック 牡3 1 2.7 岩田康誠 56 2.01.0 34.2 508(+10) ④④⑥④
2 3 プレイ 牡3 7 16.6 松岡正海 56 2.01.1 34.6 494(0) ③③③③
3 4 デボネア 牡3 5 8.7 佐藤哲三 56 2.01.1 34.1 534(+4) ⑥⑥⑧⑦
2010年 弥生賞GⅡ 芝・右2000m 重
1 1 ヴィクトワールピサ 牡3 1 1.7 武豊 56 2.06.1 36.1 510(-8) ⑥⑤⑦⑨
2 3 エイシンアポロン 牡3 2 5.4 池添謙一 56 2.06.2 36.5 500(+4) ③②④④
3 2 ダイワファルコン 牡3 7 25.3 北村宏司 56 2.06.5 36.3 502(-10) ⑧⑧⑪⑫

弥生賞2020|過去データ(1)

弥生賞過去17年分の過去データに基づいて

  • 人気
  • オッズ
  • 枠順

の傾向について分析・考察していきたいと思います。

弥生賞2020|過去17年 人気データ

 

人気 勝率 連対率 複勝率 着度数
1人気 53% 65% 65% 9-2-0-6
2人気 29% 41% 65% 5-2-4-6
3人気 0% 18% 24% 0-3-1-13
4 ~ 6人気 2% 16% 29% 1-7-7-36
7 ~ 9人気 4% 8% 16% 2-2-4-43
10人気以下 0% 2% 4% 0-1-1-45

 

1番人気と2番人気の勝率、連対率、複勝率が高くワーケアサトノフラッグは外せない。

3人気~9人気は、勝率0~4%と低いが、複勝率16~29%と安定ブラックホールウインカーネリアンパンサラッサオーロアドーネが馬券に絡む可能性は十分にある。

10人気以下は、複勝率4%のため消去で大丈夫。

弥生賞2020|過去17年 オッズデータ

 

オッズ 勝率 連対率 複勝率 着度数
1.0 ~ 1.9 70% 80% 80% 7-1-0-2
2.0 ~ 4.0 25% 38% 44% 4-2-1-9
4.1 ~ 6.0 14% 29% 50% 2-2-3-7
6.1 ~ 10.0 4% 15% 35% 1-3-5-17
10.1 ~ 20.0 4% 20% 28% 1-4-2-18
20.1 ~ 30.0 6% 18% 29% 1-2-2-12
30.1 ~ 50.0 5% 11% 16% 1-1-1-16
50.1 ~ 100.0 0% 4% 14% 0-1-3-24
100.1 ~ 0% 2% 2% 0-1-0-44

 

オッズ1.0~1.9倍の勝率/連対率/複勝率 の信頼は圧倒的に高く、唯一ワーケアが1.0~1.9倍の可能性あります。

~30.0倍の連対率は18%近くをキープ、上位4頭+ウインカーネリアンパンサラッサは警戒しても良さそうです。

弥生賞2020|過去17年 枠順データ

 

枠順 勝率 連対率 複勝率 着度数
1 6% 6% 6% 1-1-1-15
2 12% 12% 12% 2-2-2-13
3 12% 15% 18% 2-3-4-11
4 6% 9% 12% 1-2-3-16
5 6% 12% 12% 1-3-2-19
6 18% 9% 6% 3-0-0-25
7 6% 18% 20% 1-5-4-24
8 35% 21% 16% 6-1-1-26

 

外枠8枠は、勝率37% / 連対率21%圧倒的有利です。直近過去4年の勝馬はどれも8枠となっている。

2枠3枠7枠も好成績を出していることから要注意です。

 

弥生賞2020|過去データ(2)

弥生賞過去17年分の過去データに基づいて

  • 馬体重
  • 馬体重差

の傾向について分析・考察していきたいと思います。

弥生賞2020|過去17年 馬体重データ

 

馬体重 勝率 連対率 複勝率 着度数
450kg以下 8% 16% 28% 2-2-3-18
451kg ~ 470kg 7% 12% 16% 3-2-2-36
471kg ~ 490kg 8% 21% 32% 5-8-7-43
491kg ~ 510kg 9% 17% 23% 5-4-3-41
511kg ~ 530kg 15% 15% 15% 2-0-0-11
531kg以上 0% 33% 100% 0-1-2-0

 

511kg以上の大型馬は好成績を収めており、前走508kgのオーソリティは注目したいです。

それ以外馬体重による勝率の変化はみられない。

弥生賞2020|過去17年 馬体重差データ

 

馬体重増減 勝率 連対率 複勝率 着度数
-10kg ~ -5kg 10% 26% 32% 3-5-2-21
-4kg ~ -1kg 9% 15% 22% 6-4-5-53
0kg 10% 14% 28% 3-1-4-21
+1kg ~ 4kg 3% 13% 18% 1-4-2-32
+5kg ~ 10kg 15% 26% 41% 4-3-4-16
+11kg ~ 20kg 0% 0% 0%

0-0-0-6

 

-10kg〜-5kg+5kg~10kgの場合、勝率/連対率/複勝率は圧倒的に高いため該当馬は見逃せません。

-4kg~+4kgの増減はプラス材料にはならないです。

当日は絞り込みか成長に伴う大幅な体重増減に注目したいですね。

弥生賞2020|過去データ(3)

最後にレース中の位置取りについて見てみたいと思います。

弥生賞過去17年分の過去データに基づいて

  • 通過順位[初め]
  • 通過順位[最終]

の傾向について分析・考察していきます。

弥生賞2020|過去17年 通過順位[初め]データ

通過順位 [最初] 勝率 連対率 複勝率 着度数
1 ~ 5番 9% 21% 32% 8-12-10-64
6 ~ 10番 10% 16% 25% 8-5-7-61
11番以下 4% 4% 4% 1-0-0-24

 

1~5番手と6~10番の勝率に差はないが、連対率/複勝率で減少します。

出走馬の脚質をみると前目の競馬が想定されることから、スタートを苦手とする馬は避けたい。

先頭で競馬行うウインカーネリアンパンサラッサは注目したい。

その点、サトノフラッグのスタート出遅れ可能性は不安材料

弥生賞2020|過去17年 通過順位[最終]データ

通過順位 [ラスト] 勝率 連対率 複勝率 着度数
1 ~ 5番 14% 25% 31% 14-11-7-70
6 ~ 10番 4% 12% 24% 3-6-9-56
11番以下 0% 0% 4% 0-0-1-23

 

1~5番手で最終コーナーを回る馬は連対率25%と非常に高い数字をだしています。

今までのレースを5番手以内できているウインカーネリアンパンサラッサはやはり見逃せないです。

一方、ブラックホールは中団後方で直線に向かうことが多く、不安材料。

弥生賞2020|過去データまとめ

 

  • 人気:1人気と2人気は圧倒的信頼。3~9人気は複勝警戒。
  • オッズ:~30.0倍の連対率は18%。
  • 枠順:外枠8枠は、勝率37% / 連対率21%で圧倒的有利。
  • 馬体重:511kg以上の大型馬は好成績。
  • 馬体重差:-10kg〜-5kgと+5kg~10kgは好気配
  • スタート:1~5番手はわずかに有利
  • ラスト:1~5番手は圧倒的に有利

 

弥生賞2020|予想

◎ワーケア

やはり本命馬。いかなる馬場状態でも結果を出してきており、スタートの位置取り次第で勝ち負けか。

○サトノフラッグ

前走1勝クラス中山2000mは2:01:4と十分狙える好タイムを出していることから期待。

ただし、経験不足と馬場状態による影響が不安。

▲オーソリティ

出走馬中のひとり500kg越えの大型馬であり、前走ホープフルSでの借りを返す意味でも期待しています。

△ウインカーネリアン

前目で競馬を得意としており、芙蓉S(OP)でオーソリティに2着で負けたものの、中山を経験していることから注目。

★パンサラッサ

今回間違いなく先頭で競馬を行う馬であり、最近は3着以内を逃していることが続いているため期待。